Page: 1/99   >>
富士山が噴火したら・・死者は数万人・被害は数十兆円
0
    先般、御嶽山が噴火したことをうけ、富士山噴火についての関心が高まっています。

    1707年(宝永4年)、富士山は大爆発し16日間ものあいだ噴火が続きました。この時、100キロ離れた江戸の空は火山灰で黒く覆われ、当時、噴火直前に起こった宝栄地震の被害と合わせて、約2万人が犠牲になりました。

    もし現在の富士山が当時の規模で噴火したとしたら、どの程度の被害が発生するるのでしょうか?政府は、噴火を事前に予測し、最大75万人を避難させて人命被害を防ごうと計画していますが、富士山が突然噴火した場合、人命被害は避けられません。夏場は1日1万人以上の登山客でにぎわい、噴火すれば岩が雨のように降ってくる恐れのある噴石地帯にも、約1万3600人が暮らしています。

    人命被害を防ぐ上でも、火山灰は致命的です。東京にも火山灰が最大10センチ積もるとみられ、これによる停電、交通網のまひ、工場の稼働停止といった事態が発生します。政府の予測によると、道路1万4000キロと鉄道1800キロの運行が停止。「日本の大動脈」といわれる東海道新幹線も止まり、東名高速道路も通行できなくなります。成田・羽田など六つの空港で航空機の離着陸が不可能になり、火山灰によって送電線の切断や変圧器の故障が発生、大規模な停電も発生、加えて電波障害で通信や放送にも支障が生じます。上水も浄水場も稼働停止が避けられず、コンピューターなど電子機器は静電気で火山灰を吸い込み、誤作動が発生します。

    鉱工業の出荷が全国第2位の神奈川県でも火山灰が10−30センチ積もり、長期間にわたって工場の稼働が難しくなります。中心的産業地帯の生産停止や物流の麻痺によって部品の輸出が中断され、世界経済にも打撃を与えます。また、二酸化硫黄など毒性物質を含む火山灰で、東京の市民も呼吸器疾患に苦しみ、死亡する高齢者が続出する等の二次的な人命被害も予想されます。

     政府は以前、富士山の噴火による被害額を2兆6000億円と推定しましたが、専門家らは、間接被害を含めると数十兆円に上ると懸念している。東海地震と富士山の噴火が重なった場合、死者は1万人以上、財産被害は37兆円以上に達する可能性もあります。まさに日本全体が機能不全に陥ります。

    富士山噴火想定 56万7000人が避難対象
    富士山噴火で道路や鉄道は全て崩壊 食糧の大幅不足も

    | 地震防災ネット | 13:59 | comments(0) | - |
    火山噴火 有珠山と御嶽山との相違点
    0
      御嶽山の噴火による犠牲者は戦後最悪の47人。1991年に行方不明者も含め43人が犠牲となった雲仙普賢岳を上回る規模になりました。
      御嶽山噴火の2週間前には、群発地震が増加していましたが、気象庁の噴火警戒レベルは1。周辺自治体も策を講じていませんでした。予知はできないと躍起になって公表していますが、何らかの対処方法はとれなかったのでしょうか?

      ■犠牲者セロの有珠山のケース

      2000年に噴火した北海道の有珠山は「観光地」でありながら、自治体が学者の予知を優先し犠牲者を出さなかったことから、火山噴火史上の“奇跡”として改めて注目されています。

      当時、周辺自治体は、2日前に近隣住民ら約1万人を避難させ、噴火の際には噴煙は約3000メートル、国道が寸断される被害に見舞われたが、人的被害は発生しませんでした。

      ■自治体と学者の連携・ハザードマップ作成

      背景には、自治体と北大教授ら学者陣との連携があります。1910年の噴火の際には東京帝国大教授が壮瞥町に地震計を設置、77年の前回噴火直前には、北大有珠火山観測所を設置する等、噴火時には学者が地元と協力してきた歴史があります。

      特に2000年の噴火で大きな貢献を果たしたのが、NPO法人環境防災総合政策研究機構理事 岡田弘氏。岡田氏らが、長年、地域住民に向けた「火山教室」や「登山会」を開くなどして、地域の“信頼”を勝ち取り、ハザードマップを作り等、防災体制を整える重要性を訴え続けてきた成果が実を結びました。


      ■御嶽山は予知できた

      改めて岡田氏は「御嶽山は予知できた」といいます。
      「御嶽山のマグマのシグナルは、典型的な水蒸気爆発の予兆と捉えることができます。06年3月に噴火した北海道の雌阿寒岳の噴火直前の群発地震と同じ性質の群発地震が、今回、御嶽山で起きていました。水蒸気爆発は予知が難しいともいわれますが、それは50年以上前から分かっていたことです。また御嶽山は、1979年以来、小噴火が2回起きています。気象台には、記録の集積があった。過去、水蒸気爆発も経験している。本来なら、もっと担当職員に火山の勉強をさせて対策をとらせるべきでした」

      活火山を抱える自治体には、専門部署を設け、歴史に学び、研究者と連携し、自然と共存していることを再認識する時期に来ていると思われます。
      | 地震防災ネット | 14:05 | comments(0) | - |
      日本にある47活火山一覧(24時間監視) 
      0
        世界の7%に当たる110の活火山を有する火山大国、日本。そのうち、御嶽山を含む47の火山は「今後100年程度の中長期的な噴火の可能性」があるため、気象庁が地震計やカメラなどを設置して、24時間体制で監視しています。

        ■避難計画はわずか3割

        政府は09年に24時間監視する47の活火山を選定。そのうち、入山規制や避難開始時期、対象地域、避難先、経路・手段など具体的な避難計画を策定しているのは15火山。たった3割に過ぎません。

        それも火山周辺の関係市町村がすべて、計画を策定しているのは7火山にすぎず、御嶽山も関係4市町村のうち、策定していたのは岐阜・高山市だけという状況でした。関係者は、火山が都道府県をまたがっていると、どの自治体が主導するかで足並みが揃わないことを理由にあげています。

        伊豆大島のように「避難計画マニュアルは200ページを超える」(大島町防災対策室担当者)ところもあれば、反面、大雪山や栗駒山のように、関係市町村で火山防災協議会も設置せず、どの地域が危ないかというハザードマップも作成せず、避難計画も策定していないところが7火山もある。温度差がありすぎるのが実態です。

        ■御嶽山の悲劇はまた起きる

        栗駒山がある宮城・栗原市の危機対策室担当者はこう言う。

        「気象庁から月に1度、状況報告は受けていますが、確かに、火山に特化した避難計画は策定していません。これからの課題です。ただ、ある調査によると、栗駒山が(今回の御嶽山のように)水蒸気爆発を起こしたのは5400年前とされる。正直、イメージが湧かない部分はあります」

        東京・神津島村役場の担当者も「直近の噴火記録は西暦838年ですから……。対策を講じようにも火口が近すぎて、噴火しそうになったら海に逃げるしかありません」と本音を漏らす。

         内閣府の火山対策担当者も「火山の専門家でも被害をシミュレーションするのは難しいし、地震や風水害に比べて、どうしても後手に回りがちなんです」。とはいえ、御嶽山も「まさか」の大惨事になった。

        火山噴火への対策は、当面、自分自身で行うしかなさそうです。
        以下は、24時間監視「47活火山」の一覧です。(日刊ゲンダイ取材資料)

        噴火可能性あり 日本の活火山の一覧 

        日本47活火山 地図
        | 地震防災ネット | 14:21 | comments(0) | - |

        Calendar

            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << September 2016 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode