Entry: main  << >>
非常災害時の連絡方法 一番つながりやすいのは?
0
    東日本大震災では携帯電話の基地局が被害を受けたり、通話規制で連絡が取りづらい状態が続きました。災害時の連絡方法として、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

    ■意外な盲点 PHS

    震災時に長蛇の列ができた公衆電話震災時に見直された通信手段の一つがPHS。携帯電話は一つの基地局で数キロの広範囲をカバーするのに対し、PHSの基地局は数十〜数百メートルごとにきめ細かく設置され、3年前もほぼ通話規制がかかりませんでした。さらに複数の基地局のカバーエリアが重なっても問題が生じない方式で制御されているため、1基が故障しても近隣の基地局がカバーできる仕組みになっています。
    PHSの契約者数は携帯電話より少なく、それもつながりやすさにつながったと思われますが、PHSも高層ビル上層階など場所によってつながりにくい弱点はあります。

    ■SNS、無料通話やアプリに期待

    3年前はスカイプなどの無料通話サービスや、ツイッターなどインターネットを介して緊急の情報交換が行われました。ネットやメールに使用するパケット通信は、音声通話に比べて細かいデータでやり取りするため、混雑が起きにくかったと思われます。さらに、この3年でスマートフォンが広く普及し、「LINE」などの無料通話アプリも浸透したことから、災害時にスマホがネットにつながれば、こうしたアプリやツイッター、フェイスブックが有効な情報伝達手段になりえます。

    ■複数の連絡手段・予備バッテリーの必要性

    では、どんな備えをすればいいのでしょうか。固定電話を解約するなど通信手段を『一本化』してしまうことにはリスクがあることから、複数の通信手段を確保しておくことが理想的といえます。維持費はかかりますが、携帯電話とPHS、スマホと従来型携帯電話といった違うタイプを通話用、通信用などと用途に分けて複数台持つことも有効です。また、予備バッテリーを準備しておくことだけでも心がけたいものです。

    ■災害用伝言ダイヤルの活用

    災害時には音声で安否確認メッセージを残せる災害用伝言ダイヤル(171)や、ネットで安否情報を共有できる災害用伝言板サービスも効力を発揮します。災害用伝言板はキャリアをまたいで情報を検索できますが、意外と知られていません。訓練の際などに、使い方を家族や知人で確認しておくことも大切です。
    | 地震防災ネット | 22:12 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode