Entry: main  << >>
日本にある47活火山一覧(24時間監視) 
0
    世界の7%に当たる110の活火山を有する火山大国、日本。そのうち、御嶽山を含む47の火山は「今後100年程度の中長期的な噴火の可能性」があるため、気象庁が地震計やカメラなどを設置して、24時間体制で監視しています。

    ■避難計画はわずか3割

    政府は09年に24時間監視する47の活火山を選定。そのうち、入山規制や避難開始時期、対象地域、避難先、経路・手段など具体的な避難計画を策定しているのは15火山。たった3割に過ぎません。

    それも火山周辺の関係市町村がすべて、計画を策定しているのは7火山にすぎず、御嶽山も関係4市町村のうち、策定していたのは岐阜・高山市だけという状況でした。関係者は、火山が都道府県をまたがっていると、どの自治体が主導するかで足並みが揃わないことを理由にあげています。

    伊豆大島のように「避難計画マニュアルは200ページを超える」(大島町防災対策室担当者)ところもあれば、反面、大雪山や栗駒山のように、関係市町村で火山防災協議会も設置せず、どの地域が危ないかというハザードマップも作成せず、避難計画も策定していないところが7火山もある。温度差がありすぎるのが実態です。

    ■御嶽山の悲劇はまた起きる

    栗駒山がある宮城・栗原市の危機対策室担当者はこう言う。

    「気象庁から月に1度、状況報告は受けていますが、確かに、火山に特化した避難計画は策定していません。これからの課題です。ただ、ある調査によると、栗駒山が(今回の御嶽山のように)水蒸気爆発を起こしたのは5400年前とされる。正直、イメージが湧かない部分はあります」

    東京・神津島村役場の担当者も「直近の噴火記録は西暦838年ですから……。対策を講じようにも火口が近すぎて、噴火しそうになったら海に逃げるしかありません」と本音を漏らす。

     内閣府の火山対策担当者も「火山の専門家でも被害をシミュレーションするのは難しいし、地震や風水害に比べて、どうしても後手に回りがちなんです」。とはいえ、御嶽山も「まさか」の大惨事になった。

    火山噴火への対策は、当面、自分自身で行うしかなさそうです。
    以下は、24時間監視「47活火山」の一覧です。(日刊ゲンダイ取材資料)

    噴火可能性あり 日本の活火山の一覧 

    日本47活火山 地図
    | 地震防災ネット | 14:21 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode