Entry: main  << >>
富士山が噴火したら・・死者は数万人・被害は数十兆円
0
    先般、御嶽山が噴火したことをうけ、富士山噴火についての関心が高まっています。

    1707年(宝永4年)、富士山は大爆発し16日間ものあいだ噴火が続きました。この時、100キロ離れた江戸の空は火山灰で黒く覆われ、当時、噴火直前に起こった宝栄地震の被害と合わせて、約2万人が犠牲になりました。

    もし現在の富士山が当時の規模で噴火したとしたら、どの程度の被害が発生するるのでしょうか?政府は、噴火を事前に予測し、最大75万人を避難させて人命被害を防ごうと計画していますが、富士山が突然噴火した場合、人命被害は避けられません。夏場は1日1万人以上の登山客でにぎわい、噴火すれば岩が雨のように降ってくる恐れのある噴石地帯にも、約1万3600人が暮らしています。

    人命被害を防ぐ上でも、火山灰は致命的です。東京にも火山灰が最大10センチ積もるとみられ、これによる停電、交通網のまひ、工場の稼働停止といった事態が発生します。政府の予測によると、道路1万4000キロと鉄道1800キロの運行が停止。「日本の大動脈」といわれる東海道新幹線も止まり、東名高速道路も通行できなくなります。成田・羽田など六つの空港で航空機の離着陸が不可能になり、火山灰によって送電線の切断や変圧器の故障が発生、大規模な停電も発生、加えて電波障害で通信や放送にも支障が生じます。上水も浄水場も稼働停止が避けられず、コンピューターなど電子機器は静電気で火山灰を吸い込み、誤作動が発生します。

    鉱工業の出荷が全国第2位の神奈川県でも火山灰が10−30センチ積もり、長期間にわたって工場の稼働が難しくなります。中心的産業地帯の生産停止や物流の麻痺によって部品の輸出が中断され、世界経済にも打撃を与えます。また、二酸化硫黄など毒性物質を含む火山灰で、東京の市民も呼吸器疾患に苦しみ、死亡する高齢者が続出する等の二次的な人命被害も予想されます。

     政府は以前、富士山の噴火による被害額を2兆6000億円と推定しましたが、専門家らは、間接被害を含めると数十兆円に上ると懸念している。東海地震と富士山の噴火が重なった場合、死者は1万人以上、財産被害は37兆円以上に達する可能性もあります。まさに日本全体が機能不全に陥ります。

    富士山噴火想定 56万7000人が避難対象
    富士山噴火で道路や鉄道は全て崩壊 食糧の大幅不足も

    | 地震防災ネット | 13:59 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode