Page: 2/99  << >>
御嶽山噴火 地震発生の引き金になる可能性
0
    御嶽山の噴火は大地震の前兆なのでしょうか?

    ■火山の噴火と地震の密接な関係

    3.11の東日本大震災の2カ月前、霧島山・新燃岳(鹿児島)が噴火。1950年の三原山噴火後、53年11月に房総沖地震が発生。04年9月の浅間山噴火の翌月、新潟中越地震が起きています。今回の御嶽山の場合では、1979年の御嶽山噴火の5年後、長野県西部地震(M6.8)が起きています。

    ■富士山→関東地震への影響も

    最近、関心が高まりつつある「富士山の噴火」ですが、御嶽山と富士山は、ともに太平洋プレートの上にあり、2つの山には関連性があるといわれています。
    御嶽山は同プレートの先端に当たり、御嶽山に変化があれば、その動きが、同じ直線上の富士山に何かしらの影響を与えると考えられています。その富士山も、1703年の元禄関東地震の4年後に噴火しており地震とは密接な関わりは否定できません。(長期的な視点で)御嶽山→富士山→首都直下地震の連鎖も念頭においておく必要があります。また、御嶽山の周辺は、中部地方を襲った天正地震(1586年)の震源地に重なるので注意が必要です。

    ■内陸直下型地震の可能性

    さらに、御嶽山は南海トラフ地震に影響するユーラシアプレートにもかかっています。このユーラシアプレートの下にはフィリピン海プレートが存在しますが、今回の御嶽山の噴火は、南海トラフ地震に影響するフィリピン海プレートの圧縮を受けて生じているとの見解もあります。

    同様の力を受けて、九州では、桜島、霧島新燃岳、口永良部島などで噴火が始まっています。また、大阪を南北に貫く上町断層、生駒断層(大阪)、花折断層(京都)、琵琶湖西岸断層(滋賀)、養老断層(三重・岐阜)、伊勢湾断層などの活断層が、内陸直下型地震を起こす可能性も指摘されています。


    これまで世界各地で発生したM9を超える巨大地震は、すべて4年以内に火山噴火を誘発しています。それも、1回だけで済まないことが多い。東日本大震災から3年半。今回の御嶽山は水蒸気噴火でしたが、次はもっと危険なマグマ水蒸気噴火やマグマ噴火が起きる可能性が高いと思われます。
    | 地震防災ネット | 14:41 | comments(0) | - |
    火山噴火に遭遇 生き残る7つのポイント
    0
      山頂付近では噴煙や噴石の飛来により多くの重軽傷者が発生しています。3000メートルクラスの高山ではあるものの、ロープウェーや車道が整備され、比較的気軽に山頂を目指せるため、ヘルメットを着用するような人はほとんどいなかったように見受けられます。

      今回は前兆も少なく、あまりに突発的な噴火であったために、被害は防げなかったとは思いますが、もしも活火山を登山中に前兆現象(におい、火山性地震、噴煙)を感じたり、見かけたりしたなら、すぐに火口から少しでも遠くに離れること。逃げる方向は火砕流や噴煙の流れを避けるようになるべく尾根筋を(谷方向は危険)。間に合わないとなれば山小屋や避難小屋に入る。視界がゼロになったら岩陰などで噴石を避けるような行動が必要です。

      ?活火山の登山は直前の地震動などの情報を十分に入手する
      ?ヘルメット・マスク等を持参する
      ?噴火の噴煙からの避難は山の地形・風向を考えて避難する
      ?噴煙は谷沿いに流れ、火山性ガスは密度が高いために窪地にたまりやすい
      ?間に合わなければ一番近い建物の中に入る
      ?避難小屋が近くになければ岩陰で噴石を避ける
      ?視界が無くなった場合は滑落の危険があるので、その場で頭部を守ってなるべく物陰に隠れる


       今回の経験を踏まえ、これらの行動を頭に置けば助かる可能性は高まると思われます。何より活火山は今回のようなリスクが常にあることを意識することが重要です。昨年の小笠原、西の島の海底火山の噴火、新島の出現なども日本列島の火山活動の活発化を示しているのではないでしょうか。
      | 地震防災ネット | 15:21 | comments(0) | - |
      津波・洪水 水没した自動車からの脱出方法は?
      0
        東日本大震災のニュースで、車が次々と波に呑まれていく様子に衝撃を受けた人も多いと思われますが、自動車の水没は決して他人事ではありません。台風やゲリラ豪雨で河川が氾濫したり、道路が冠水する恐れも十分にあります。万が一、車で移動中に水に浸かったらどうすればいいのでしょうか?

        ■わずか50センチの水没で車は動かない
        50センチの高さになるとタイヤに巻きあげられた水がエンジンに入ったり、電気系統がショートしたりしてエンジンが動かなくなります。電気系統がやられるとパワーウインドーもダメ。窓も開かなくなります。このため、水かさが50センチ以下に見えても、強引に突っ込むことは避けて下さい。冠水した道路は水深がわかりにくく、見た目以上に深かったというケースがありえます。冠水したら、まずは迂回が大原則です。

        ■まずは心を落ち着けること
        さらに水かさが増すとドアも開かなくなります。
        仮に水かさが車の屋根より高くなっても、車内には空気が残っているので、すぐに沈んだりはしません。エアコンの送風口などから少しずつ水は流入してきますが、完全に水没するまで5〜6分の猶予があります。まずは慌てずに状況を把握することが大切です。

        ■脱出用ハンマーで窓を割る
        心を落ち着かせたら、次にやるべきなのは窓を割ることです。
        窓を割る目的は、割ったところから水を意図的に流入させ内と外の圧力差をなくすためです。車内まで浸水させると内側からも水圧がかかり、ドアを開けやすくなります。ただし割った窓から出ようとしても水が流入してくるのでうまくいきません。水が車内に流れ込む様子を眺めるのはかなりの勇気が必要ですが、ドアを開けられるようになるまで、じっと我慢して体力の消耗を防いでください。

        窓を叩き割るには、先の尖った脱出用ハンマーが必要です。このハンマーは水没時だけでなく、事故で車体が歪んでドアが開かなくなったときにも活躍してくれます。シートベルトカッターと一緒になったタイプもあり、かさばるものではないので、ダッシュボードに必ず1本常備しておいて下さい。

        ■もしハンマーがない場合は?
        もしハンマーがない場合はどうするか?拳で強く叩けば逆に手を骨折する危険が性があります。こうした場合、を割るには力を1点に集中させることが大事なので、硬く尖ったものを探して代用します。シートのヘッドレストの金属部分やシートベルトのバックルでも構いません。

        何を使うにしても、重要なのは叩きつける場所。車のフロントガラスには、合わせガラスという特殊な構造のガラスが使用されているため、ヒビが入るだけで貫通しにくい。フロントガラスを割るのはほぼ不可能です。
        割るならサイドウインドーです。ただ、真ん中は柔らかくてたわみがあり、叩いても力が分散されてしまいます。狙いたいのは窓の四隅。端はたわみが少なく、比較的割れやすいはずです。

        もし、窓が割れない場合は、自然流入に任せるしかありません。車内が完全に水で満たされなくても、首のあたりまで水に浸かれば、内外の圧力差もかなり小さくなりドアが開きます。ただしこれは最終手段。いち早く脱出を図るために、やはりハンマー自動車用防災セットは常備しておきたいものです。

        津波・洪水 自動車からの脱出方法
        | 地震防災ネット | 11:18 | comments(0) | - |

        Calendar

        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode