Page: 3/99  << >>
大地震発生 避難所は定員オーバーで入れない覚悟を!
0
    東日本大震災から3年以上が経過し、発生リスクが日々高まる「首都直下型地震」「南海トラフ地震」。

    すべてのライフラインがストップし、建物の倒壊や木造家屋の密集地帯を中心に大規模火災が発生することが予想される中、首都直下地震のケースでは、一週間内に10万人から11万人規模の自衛隊員動員を想定しています。

    しかしながら、火災や倒壊でインフラが壊滅状態、瓦礫や車両で渋滞する道路状況では、いかに自衛隊の装備でも救援物資が2週間近く届かない可能性も十分考えられます。

    さらに、発生直後に約300万人(都内では約150万人)とされる避難民は、その後の断水、停電などで2週間後には約720万人(都内では約330万人)もが自宅生活困難となり、避難生活を余儀なくされます。これに対し、東京都区部の学校など指定避難所に収容可能な人数はわずか約221万人。しかも、高齢者や幼児、病人がいる家庭が優先されるため、若者や独身者は後回しにされる確率はおのずと高くなります。むしろ避難所には入れないと考えるのが妥当です。

    仮に避難所に入れたとしても、水・食料の不足、健康や衛生面への不安、プライバシー喪失や防犯リスク等、必要最小限の生活を送ることもままなりません。自宅・親類・友人宅までなんとかたどり着き、寝起きができるのなら、そこで当面は暮らしていくのが現実的な選択です。

    これまで備蓄の目安は「最低でも1週間分」というのが防災専門家の一致した意見でした。しかしながら、国土の広範囲で被災した場合、各自治体も余力がなく、多くのインフラも利用できなくなるため、迅速な救援物資にも期待できません。サバイバル生活の覚悟をもって、水・食料・トイレは最低でも2週間〜1カ月分は用意しておきたいものです。
    | 地震防災ネット | 10:25 | comments(0) | - |
    南海トラフ巨大地震で東京に津波 「江東、墨田、江戸川デルタ地帯」に注意!
    0
      東海・東南海・南海地震が3連動する「南海トラフ巨大地震」

      想定外の被害を生んだ東日本大震災の反省を踏まえて2003年の中央防災会議の想定を見直し、最大マグニチュードを9.1に設定。千年周期で起きる3連動地震も視野に入れ、今後可能性のある最大クラスの地震が想定されています。

      では、実際に南海トラフ巨大地震による大津波が発生したら、各地にどんな被害が出るのか? 高知県黒潮町の最大34.4メートルをはじめ、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)付近では、建設中の18メートルの堤防を超える21メートルになるとのシュミレーション結果がマスコミ各社に大きく取り上げられました。

      これに対し、首都圏(東京)では南海トラフから100キロ以上離れ、津波高も湾岸部の港区で2.3メートルとなっているため、あまり大きく報道はされませんでした。しかし油断は禁物です。

      揺れや津波の衝撃に、今の防潮堤や水門が耐えられるかどうかは大きな不安要素であり、地盤沈下、液状化現象なども伴って堤防が決壊すれば、23区内東部の"江東デルタ地帯"が水没する恐れがあると、一部専門家に指摘されています。

      「江東デルタ地帯」とは荒川と隅田川に囲まれた海抜0メートル地帯で、墨田、江東、江戸川の3区にまたがったエリア。区民は合わせて約140万人。開業間もない東京スカイツリー(墨田区)の足元にまで津波が押し寄せることとなります。

      また、2級河川にも注意が必要です。3.11の例を見ても、東京湾とつながっている川は津波が内陸部まで遡上してくると考えるのが妥当。特に地方自治体が管理する2級河川は堤防が老朽化している可能性があり、さらなる注意が必要です。

      沿岸部から離れてお住まいの方も、地震津波や河川決壊に伴う水害に巻き込まれる可能性があります。

       「津波対応の防災セットはこちら」 
      | 地震防災ネット | 11:35 | comments(0) | - |
      首都直下地震の前兆? 埼玉・栃木・群馬で震度5
      0
        9月16日正午すぎに関東を襲った大地震。栃木県佐野市、群馬県前橋市、埼玉県熊谷市、加須市など広範囲で震度5弱、都内では千代田区、新宿区で震度4を観測しました。震源は茨城南部でマグニチュード5.6でしたが、この地震の震源は、3.11以降、地震活動が活発化し、首都直下地震の想定震源域に位置しています。

        元前橋工科大教授の濱嶌氏(地殻変動解析学)によれば、今回の震源にあたるフィリピン海プレートの最北端と太平洋プレートとの境界部分で今年、地震が頻発しているといいます。

        「5月5日(M4.2)の茨城南部の地震をきっかけに、プレート境界周辺での地震が続いています。先月24日に埼玉県加須市で震度4を観測した地震も同じ場所で発生しています。しかも地震が起きるたび、接触部分が内側にもぐりこんでいる。いずれ圧力で耐えきれなくなり、沈み込んだプレートが一気にはね上がる可能性があります」

         茨城が震源なのに、埼玉、栃木、群馬県まで震度5弱を観測したのは、今回の震源地と、千葉―新潟を横断する「柏崎千葉構造線」が一部重なっているため。しかも、同構造線は、複数の構造線と重なっており、首都直下地震を引き起こす『東京湾北縁断層』にもかかっています

        このエリアは、フォッサマグナ (Fossa Magna) とも呼ばれ、地質学においては東北日本と西南日本の境目とされる地帯。3・11以降の活発な動きがみられることから、近い将来、大地震を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。


        首都圏(関東地方)がよく揺れる理由  免震・耐震が効かないプレート4層構造
        フォッサマグナ - Wikipedia
        | 地震防災ネット | 16:01 | comments(0) | - |

        Calendar

            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode